母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ|マザーハラスメント研究所

TOPページ|母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ 母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

★ 2020/08/06 ★ の ご予約状況

やや混んでいます

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ


母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

■ 2020/5/15 5月20日よりすべての講座がオンライン形式へと移行になります。

オンライン移行キャンペーン実施中詳細はこちら

 


母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ 母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ


母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ


母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ マザーハラスメント研究所は、会員様のプライバシー、会員様との信頼関係をとても大切に考えていますので【完全会員制】での運営を行っております。 ? 母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ


:..。o○☆゚・:,。:..。o○☆ ○☆ お客様の声 :..。o○☆゚・:,。:..。o○☆ お客様へのインタビューをもとに、お客様の体験をまとめました。 ご本人様から掲載の許可を頂いています。 感想等には個人差があることを承知の上ご覧下さい。 また原文は長い文章が多い為、割愛をさせて頂いています。 【文章は個人情報保護等の理由で一部修正を加えてあります】 ? ■子育てに自信がない 育児が苦しくなり、いろいろ調べていた時に、生い立ちやとの関係にヒントがあることを知り勉強していた時に、マザーハラスメントマザハラのことをやられているマザーハラスメント研究所さんに出会いました。今まで何度も自分を変えようと思ってセラピーやカウンセリングを学びましたがしっくりくるものに出会えず、との関係修復は難しく、絶縁するしかないかと考えていた矢先でした。でも、マザハラ対策は自分で行動していくものだったので、すぐに環境の変化を感じることができました。親へ向けてはじめたマザハラ対策ですが、なにより夫との関係が良くなったことに驚いています。マザーハラスメント研究所のマザハラ対策は、から逃げるものでも、と戦うことでも、と関係修復するものでも、そして絶縁するものでもなく、からの攻撃がひどくなるという心配のないものでしたので、安心して取り組むことができました。おかげさまで、夫との信頼関係も強くすることができたので、子育ても夫と協力してやっていけるという自信になりました。今は、夫が理解してくれているので、への対応も夫と話し合い、問題なく過ごしています。が関わってこない生活が、こんなに平和なものだったなんて…生まれてはじめて自分で選んだ選択に満足しています。 タグ: 絶縁 マザーハラスメント マザハラ ■子供に恨まれる親になりたくない 「子供に恨まれるような親になりたくない!」マザーハラスメントを知った時の私は、それで頭がいっぱいでした。それまで育児やと子の関係に関する本ばかり読み漁っていました。本を読めば読むほど、私のことばかりでなく、私の育った家庭や親のことがわかってきて背筋が凍りました。家族の団らんがほしくて結婚、出産したはずなのに、「あんなの娘はやっぱりあんなと同じようになるしかないんだ」と望んだものとは真逆の現実に死んでしまいたいと失望し、関係修復なんてムリ、逃げるのもムリ、戦うなんてもっとムリ、やっぱり絶縁しかないか‥と思っていた頃にマザーハラスメントと出会いました。思い切って実践マザハラ講座を受講して菅野昭彦先生や菅野央子先生と実際にお話できたことで「同じような育ちの方でもこんな笑顔をする人がいるんだ」と希望を持つことができました。マザハラ対策で学んだことは本当に小さなことばかりでした。それをコツコツ積み上げていった時、ある日突然、あの面倒くさいが静かになりました。あれだけしつこくまとわりついていたが、「え?こんなことで?」とあまりにあっけなく、それは「あなたのために」と言う言葉が全部ウソだったという証明にもなり、私の中で吹っ切れました。今まで「。私は私。」と思おうとしてもできなかった私ですが、との関係修復、から逃げる、と戦う、そして絶縁するということをしなくても、今は私の生活にの存在はどこにもありません。今の私は自分を大切にしてくれる夫と、子供と、私の生活に全エネルギーを注げるようになりました。今私は、自分の人生を自分の足で歩いてるんだと日々実感しています。マザーハラスメント研究所と菅野昭彦先生、菅野央子先生に出会えて本当に救われました。ありがとうございます。 タグ: 絶縁 マザーハラスメント マザハラ ■ひどいニュースを見て… 不妊治療の末やっと子供が授かったのに、生まれてみると毎日イライラしては自暴自棄になり、落ち込んでいました。子供が親からひどい仕打ちを受けて‥というニュースを見るたびに「いつか私もこうなってしまうんじゃないか…」とビクビクしてました。こんな親になりたくない‥そう思って育児や親のための本を買ったみたものの、なかなか読めずにいました。菅野央子さんのマザーハラスメントを知ったのはその頃でした。マザハラ診断で、のことは仕方ない、どこの家にもよくあること…と自分の中で収めていたものが、育児を通して一気に噴出しただけ!と気づくことができました。現実と向き合う覚悟ができ、実際にマザハラ対策を実行していくと、面白いほどに現実がひっくり返されていきました。との関係修復、から逃げる、と戦う、そして絶縁するということをしなくても、それはまるでオセロのように現実がひっくり返されていきました。だけでなく、今まで私を小バカにしていた兄弟たちも今では私の前でコソコソビクビクしています。私の生きづらさの根っこを自分の手で刈り取った!そんな感覚です。最近やっと、自分の子供を心から「かわいい」思えている自分に気づいて涙があふれました。今、本当の私、本当のになれたような気がしています。感謝でいっぱいです。 タグ: 絶縁 マザーハラスメント マザハラ ■もしかして、私ってひどい親? 仲良し親子だったはずのですが、私が結婚し子供が産まれてから、なぜか関係がギクシャクしていました。その頃、ネットで親に関する記事をみてからというもの、それから気になって親に関する記事やサイトを見るようになりました。そんな中で湧き出してきた疑問‥「もしかして私って、ひどい家庭環境育ち?」と。最初は半信半疑で調べていましたが、見れば見るほどに「私の育った家庭環境はウソばかり」、そしてそれらを基に思い返してみると、特に親の言動と実際の行動の矛盾は都合のいいウソばかりだったという現実を目の前に叩きつけられた思いでいっぱいでした。そんな思いの中、自分自身に対して客観的に目を向けてみると、実は自分自身も同じようなことをしている‥という事実を知ることとなりました。私が親から受けたことを娘に対してもやっている‥それだけでなく、親が孫である私の娘と直接やり取りしている中で何を直接言ったのかはわかりませんが「ママってひどい、おばあちゃんから聞いた」と言ったきり何も言わなくなったり、突然、娘の父親である私の夫の悪口を言うようになったりと、が出入りすることで悪い影響が形になって表に現れたことでもありました。こんな悪影響なを出入り禁止にするのか、それとも、そういうことを言わせないように戦うのか、色々と悩みましたが、直接、そういうことは言わないようにその都度直接言うことにしました。すると、そんな事は言っていないとトボけるばかりか、やり方が陰湿になっていきました。そのようなことがあって行き来することも連絡をすることも避けるようになりましたが、ついに、とても許しがたい超えてはいけない一線をこえてしまうような出来事があり、私も無意識にひどい親かも知れないけれど、それ以上に確信犯で娘にいろいろと吹き込んでいるをどうにかしないと、本当にうちの家族がどうにかなってしまう‥という危機感でいっぱいになりました。その頃から絶縁という言葉が脳裏をかすめるようになりました。絶縁について色々と考えたり調べているうちにマザーハラスメント研究所の実践マザハラ対策を知りました。マザーハラスメントという言葉がとても印象的だったのと絶縁しない方法ということで一度お話を聞いてみたいなと思ったのがきっかけです。マザハラ診断で、冷静に客観的に、自分の今の状況を分析できたこと、そして、実践マザハラ対策では菅野央子先生のご指導に沿って行動していくだけで、自分の立場や、親族間での発言力が自分で実感できるほど変わっていきました。この経験は、私にとっておおきな自信になり、親との関係にかぎらず、私の生き方そのものを変えてくれたと感じています。今は、人付き合いも苦痛でなくなり、ママ友やPTAさえ楽しめるようになってきました。本当にありがとうございました。 タグ: 絶縁 マザーハラスメント マザハラ ■共依存と言われて… 夫婦関係が上手くいかず他所でカウンセリングを受けた時に「あなたは共依存ですね」と言われ、アダルトチルドレンや心理学について調べたり勉強したりしていました。そんな時にマザーハラスメントの菅野央子さんを見つけました。以前、親との関係について書かれた本を読んだ時に感情がえぐられるような感覚があり、パニックで読めなかったので、マザハラ対策も同じような精神状態になるなら無理かも…と正直不安でした。でも、マザハラ3か条の通り、親とは戦うことも関係改善することも絶縁することもないし、過去の記憶を探るような動きもなくて抵抗なく安心して実行できました。少しずつ動いていくたびに人と心地いい距離感になり、今まで人に嫌われないように頑張って結局痛い思いをする…という生き方のパターンがスーっと消えていくのを感じました。今まで「もっと頑張らないと!」「自分を変えないと!」と自分磨きをしてきましたが、私がダメだと思っていた『人の顔色をうかがうクセ』だったり『つい、いい人ぶってしまうクセ』を菅野央子先生は、逆にいい方向に活かす方法を教えてくれました。ずっと兄弟の中で自分だけ差別されていたのは自分がダメだからだと思って生きてきましたが先生から「単に一番素直で優しかったから選ばれただけだよ」と言ってもらえて前向きに生きる勇気をもらいました。なにより「私は私のままでいい」ということをマザハラ対策の中で経験できたことが本当に嬉しかったです。 タグ: 絶縁 マザーハラスメント マザハラ ■義マザハラ 私が菅野央子先生のマザハラ対策を知ったのは義を通じてでした。夫がなにげに読んでいた親に関する本が気になり私も読んでみました。ほかにも親やに関する本などを読んでみて、いつもは優しい夫の時々見せる別人のような言動行動の原因が分かったような気がしました。原因は分かったものの、一般的な子供を支配する親やの対策のほとんどが、親やとの関係修復や対決、絶縁しかないというような極端なものだったので私たちには到底無理だな…と感じてあきらめていました。マザーハラスメントという言葉を見た時もいわゆる毒親系のメソッドなのかなとあまり期待はしていなかったのですが、実践マザハラ対策は、戦わない・絶縁しない・関係修復しないとあったので、半信半疑でしたが申し込んでみました。最初は夫に内緒で進めていたのですが、義の態度が変わってきた頃、夫が私の動きに気づき「ありがとう」と言われたときには拍子抜けしてしまいました。夫いわく、「ずっと自分ひとりで対応したり悩んだりしていたので、私が義の悪質さを理解してくれただけで、肩のにが降りた」そうです。お互い『言ってはいけないこと』と抱え込んでギクシャクしていたのがマザハラ対策で夫との共通の問題になったので夫婦の絆ができたように感じます。一度は離婚を考えていた私ですが、思い切ってマザーハラスメント問題に取り組んで良かったです。 タグ: 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

Q&A-010-入門講座で学ぶことは?|母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

 

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

マザハラメソッドR 入門講座では、どんなことをやるのですか?

 


母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

「マザハラメソッドR 入門講座」の講習時間は約3時間と、そう長いではございません。

3時間という時間ではお話できることは限られていますが、当研究所に来られる方の多くが既存の親子関連や心理学等の書籍を読まれていたり、学んだことのある方でありますが、「マザハラメソッドR 入門講座」では、既存の親子関連や心理学等のものとは異なるものなので、頭の切り替えが必要です。

既存の親子関連や心理学関連等の媒体には素晴らしいものも多いですが、残念ながら、私たちがそれらを実践した際にはなかなかうまくいかず、既存のものとは違う独自の方法を考えざるを得ませんでした。

そうやって試行錯誤を経て、クライアントさんとの時間を重ねてできたものが「マザハラメソッドR」です。

「マザハラメソッドR 入門講座」では、まず、皆様方がよくご存知である既存のメソッドとの比較についてお話をさせて頂き、私たちが考えるそれぞれの目的、メリット、デメリット等について考えていきます。

そして、すべての「マザハラメソッドR」に基づいたサービスの根幹となる基本的な考え方をご理解頂く事で、この先、それぞれのメソッドを学ぶかどうか、お考え頂ければと思っています。

心理学においても、政治的イデオロギーにおいても、そして、マザハラの様なメソッドにも、様々な考え方がこの世には存在しています。

Aという考え方もあれば、それを相対するBという考えもあり、その中庸(その中間)であるCという考え方も存在します。

どれがいいとか悪いとかは、それぞれの方の主観であり、また、目的によっても判断が異なる場合もございます。

それは私にとっても同様で、私たちと相対する考え方、手法であっても、私たちはそれがすなわち悪いなどと否定するようなものではありません。

それらとは目的が異なるのであって、「みんな違って、みんないい」のですね。

ですから、自分に合うもの、自分が不快にならず心地よいものを選べばいいと思っています。

 

「マザハラメソッドR 入門講座」は、その考え方や方法が、自分自身の目的に合うのか、自分に向いているのか、不快にならないか、むしろ、心地よいか‥などのことを判断するための「お見合い」とお考え頂ければ幸いです。

 

 

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

 

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

 

 


母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

母 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

 


:..。o○☆゚・:,。:..。o○☆ ○☆ お客様の声 :..。o○☆゚・:,。:..。o○☆ お客様へのインタビューをもとに、お客様の体験をまとめました。 ご本人様から掲載の許可を頂いています。 感想等には個人差があることを承知の上ご覧下さい。 また原文は長い文章が多い為、割愛をさせて頂いています。 【文章は個人情報保護等の理由で一部修正を加えてあります】

 

■子育てに自信がない 育児が苦しくなり、いろいろ調べていた時に、生い立ちやとの関係にヒントがあることを知り勉強していた時に、マザーハラスメントマザハラのことをやられているマザーハラスメント研究所さんに出会いました。今まで何度も自分を変えようと思ってセラピーやカウンセリングを学びましたがしっくりくるものに出会えず、との関係修復は難しく、絶縁するしかないかと考えていた矢先でした。でも、マザハラ対策は自分で行動していくものだったので、すぐに環境の変化を感じることができました。親へ向けてはじめたマザハラ対策ですが、なにより夫との関係が良くなったことに驚いています。マザーハラスメント研究所のマザハラ対策は、から逃げるものでも、と戦うことでも、と関係修復するものでも、そして絶縁するものでもなく、からの攻撃がひどくなるという心配のないものでしたので、安心して取り組むことができました。おかげさまで、夫との信頼関係も強くすることができたので、子育ても夫と協力してやっていけるという自信になりました。今は、夫が理解してくれているので、への対応も夫と話し合い、問題なく過ごしています。が関わってこない生活が、こんなに平和なものだったなんて…生まれてはじめて自分で選んだ選択に満足しています。 タグ: 絶縁 マザーハラスメント マザハラ ■子供に恨まれる親になりたくない 「子供に恨まれるような親になりたくない!」マザーハラスメントを知った時の私は、それで頭がいっぱいでした。それまで育児やと子の関係に関する本ばかり読み漁っていました。本を読めば読むほど、私のことばかりでなく、私の育った家庭や親のことがわかってきて背筋が凍りました。家族の団らんがほしくて結婚、出産したはずなのに、「あんなの娘はやっぱりあんなと同じようになるしかないんだ」と望んだものとは真逆の現実に死んでしまいたいと失望し、関係修復なんてムリ、逃げるのもムリ、戦うなんてもっとムリ、やっぱり絶縁しかないか‥と思っていた頃にマザーハラスメントと出会いました。思い切って実践マザハラ講座を受講して菅野昭彦先生や菅野央子先生と実際にお話できたことで「同じような育ちの方でもこんな笑顔をする人がいるんだ」と希望を持つことができました。マザハラ対策で学んだことは本当に小さなことばかりでした。それをコツコツ積み上げていった時、ある日突然、あの面倒くさいが静かになりました。あれだけしつこくまとわりついていたが、「え?こんなことで?」とあまりにあっけなく、それは「あなたのために」と言う言葉が全部ウソだったという証明にもなり、私の中で吹っ切れました。今まで「。私は私。」と思おうとしてもできなかった私ですが、との関係修復、から逃げる、と戦う、そして絶縁するということをしなくても、今は私の生活にの存在はどこにもありません。今の私は自分を大切にしてくれる夫と、子供と、私の生活に全エネルギーを注げるようになりました。今私は、自分の人生を自分の足で歩いてるんだと日々実感しています。マザーハラスメント研究所と菅野昭彦先生、菅野央子先生に出会えて本当に救われました。ありがとうございます。 タグ: 絶縁 マザーハラスメント マザハラ ■ひどいニュースを見て… 不妊治療の末やっと子供が授かったのに、生まれてみると毎日イライラしては自暴自棄になり、落ち込んでいました。子供が親からひどい仕打ちを受けて‥というニュースを見るたびに「いつか私もこうなってしまうんじゃないか…」とビクビクしてました。こんな親になりたくない‥そう思って育児や親のための本を買ったみたものの、なかなか読めずにいました。菅野央子さんのマザーハラスメントを知ったのはその頃でした。マザハラ診断で、のことは仕方ない、どこの家にもよくあること…と自分の中で収めていたものが、育児を通して一気に噴出しただけ!と気づくことができました。現実と向き合う覚悟ができ、実際にマザハラ対策を実行していくと、面白いほどに現実がひっくり返されていきました。との関係修復、から逃げる、と戦う、そして絶縁するということをしなくても、それはまるでオセロのように現実がひっくり返されていきました。だけでなく、今まで私を小バカにしていた兄弟たちも今では私の前でコソコソビクビクしています。私の生きづらさの根っこを自分の手で刈り取った!そんな感覚です。最近やっと、自分の子供を心から「かわいい」思えている自分に気づいて涙があふれました。今、本当の私、本当のになれたような気がしています。感謝でいっぱいです。 タグ: 絶縁 マザーハラスメント マザハラ ■もしかして、私ってひどい親? 仲良し親子だったはずのですが、私が結婚し子供が産まれてから、なぜか関係がギクシャクしていました。その頃、ネットで親に関する記事をみてからというもの、それから気になって親に関する記事やサイトを見るようになりました。そんな中で湧き出してきた疑問‥「もしかして私って、ひどい家庭環境育ち?」と。最初は半信半疑で調べていましたが、見れば見るほどに「私の育った家庭環境はウソばかり」、そしてそれらを基に思い返してみると、特に親の言動と実際の行動の矛盾は都合のいいウソばかりだったという現実を目の前に叩きつけられた思いでいっぱいでした。そんな思いの中、自分自身に対して客観的に目を向けてみると、実は自分自身も同じようなことをしている‥という事実を知ることとなりました。私が親から受けたことを娘に対してもやっている‥それだけでなく、親が孫である私の娘と直接やり取りしている中で何を直接言ったのかはわかりませんが「ママってひどい、おばあちゃんから聞いた」と言ったきり何も言わなくなったり、突然、娘の父親である私の夫の悪口を言うようになったりと、が出入りすることで悪い影響が形になって表に現れたことでもありました。こんな悪影響なを出入り禁止にするのか、それとも、そういうことを言わせないように戦うのか、色々と悩みましたが、直接、そういうことは言わないようにその都度直接言うことにしました。すると、そんな事は言っていないとトボけるばかりか、やり方が陰湿になっていきました。そのようなことがあって行き来することも連絡をすることも避けるようになりましたが、ついに、とても許しがたい超えてはいけない一線をこえてしまうような出来事があり、私も無意識にひどい親かも知れないけれど、それ以上に確信犯で娘にいろいろと吹き込んでいるをどうにかしないと、本当にうちの家族がどうにかなってしまう‥という危機感でいっぱいになりました。その頃から絶縁という言葉が脳裏をかすめるようになりました。絶縁について色々と考えたり調べているうちにマザーハラスメント研究所の実践マザハラ対策を知りました。マザーハラスメントという言葉がとても印象的だったのと絶縁しない方法ということで一度お話を聞いてみたいなと思ったのがきっかけです。マザハラ診断で、冷静に客観的に、自分の今の状況を分析できたこと、そして、実践マザハラ対策では菅野央子先生のご指導に沿って行動していくだけで、自分の立場や、親族間での発言力が自分で実感できるほど変わっていきました。この経験は、私にとっておおきな自信になり、親との関係にかぎらず、私の生き方そのものを変えてくれたと感じています。今は、人付き合いも苦痛でなくなり、ママ友やPTAさえ楽しめるようになってきました。本当にありがとうございました。 タグ: 絶縁 マザーハラスメント マザハラ ■共依存と言われて… 夫婦関係が上手くいかず他所でカウンセリングを受けた時に「あなたは共依存ですね」と言われ、アダルトチルドレンや心理学について調べたり勉強したりしていました。そんな時にマザーハラスメントの菅野央子さんを見つけました。以前、親との関係について書かれた本を読んだ時に感情がえぐられるような感覚があり、パニックで読めなかったので、マザハラ対策も同じような精神状態になるなら無理かも…と正直不安でした。でも、マザハラ3か条の通り、親とは戦うことも関係改善することも絶縁することもないし、過去の記憶を探るような動きもなくて抵抗なく安心して実行できました。少しずつ動いていくたびに人と心地いい距離感になり、今まで人に嫌われないように頑張って結局痛い思いをする…という生き方のパターンがスーっと消えていくのを感じました。今まで「もっと頑張らないと!」「自分を変えないと!」と自分磨きをしてきましたが、私がダメだと思っていた『人の顔色をうかがうクセ』だったり『つい、いい人ぶってしまうクセ』を菅野央子先生は、逆にいい方向に活かす方法を教えてくれました。ずっと兄弟の中で自分だけ差別されていたのは自分がダメだからだと思って生きてきましたが先生から「単に一番素直で優しかったから選ばれただけだよ」と言ってもらえて前向きに生きる勇気をもらいました。なにより「私は私のままでいい」ということをマザハラ対策の中で経験できたことが本当に嬉しかったです。 タグ: 絶縁 マザーハラスメント マザハラ ■義マザハラ 私が菅野央子先生のマザハラ対策を知ったのは義を通じてでした。夫がなにげに読んでいた親に関する本が気になり私も読んでみました。ほかにも親やに関する本などを読んでみて、いつもは優しい夫の時々見せる別人のような言動行動の原因が分かったような気がしました。原因は分かったものの、一般的な子供を支配する親やの対策のほとんどが、親やとの関係修復や対決、絶縁しかないというような極端なものだったので私たちには到底無理だな…と感じてあきらめていました。マザーハラスメントという言葉を見た時もいわゆる毒親系のメソッドなのかなとあまり期待はしていなかったのですが、実践マザハラ対策は、戦わない・絶縁しない・関係修復しないとあったので、半信半疑でしたが申し込んでみました。最初は夫に内緒で進めていたのですが、義の態度が変わってきた頃、夫が私の動きに気づき「ありがとう」と言われたときには拍子抜けしてしまいました。夫いわく、「ずっと自分ひとりで対応したり悩んだりしていたので、私が義の悪質さを理解してくれただけで、肩のにが降りた」そうです。お互い『言ってはいけないこと』と抱え込んでギクシャクしていたのがマザハラ対策で夫との共通の問題になったので夫婦の絆ができたように感じます。一度は離婚を考えていた私ですが、思い切ってマザーハラスメント問題に取り組んで良かったです。 タグ: 絶縁 マザーハラスメント マザハラ

このページの先頭へ